高級デリヘルとは何か

 風俗には男性の性癖を満たすべく様々なサービスが用意されていますので、男性であれば誰もが風俗に興味を持っていて当然でしょう。
 「男性のため」のサービス、それが風俗なのですから。
 その中でも最近高い人気で大きな注目を集めているのがデリヘルと呼ばれているものです。
 人気が高まっているおかげで名前くらいは耳にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

 派遣型風俗としても知られているのがデリヘルですが、そんなデリヘルも人気の高さのおかげで様々なものが登場しています。
 バリエーションが生まれるのはそれだけデリヘルが人気サービスだという事でもあるのですが、そんなデリヘルの中で最近一部から熱狂的な人気を集めているサービスがあるのです。
 それは「高級デリヘル」と呼ばれているものです。
 初めて耳にするという人もいるかもしれませんが、一方では高級デリヘルの虜になっている人もいるのですが、高級デリヘルとは一体どのようなデリヘルなのでしょうか。

東京に集まる高級デリヘル
デリヘル東京

デリヘル嬢は私服がいい

品川のデリヘルの女の子がかわいいというのは、まずひとつには、デリヘルの女の子は、私服を着ているということが、小さくないとは思うんですよね。ヘルスやその他の風俗店だと、女の子は、ペラペラした生地で出来た、安っぽいコスチュームを着ていることが多いわけじゃないですか。あれはどうも、あまりいただけないと思うんですよね。また脱ぐのに不自由ないようにということなんでしょうけど、ストッキングとかそういうものも、履いていることがない。そうすると、どうもあんまり、肌は露わにしてくれているにもかかわらず、かえって色気がないように思えるんですよね。

ところがデリヘルの女の子は、私服を着てやってくることになりますから、これがまたいい。やっぱり女の子は、私服がいちばんですおね。風俗嬢の最大の欠点は、あのコスチュームにあるのじゃないかとすら、思うところがあるくらいです。それで女の子が、私服を脱ぐところが、またなんとも、風情があって、色ぽいということになるんですね。ガードルとか、矯正下着とか、履いている子も、時々いるわけじゃないですか。そういうのも、またたまらないですね。さすがにババシャツ着てる子はいませんが、それでもいいと思っています。

おすすめのデリヘル→デリヘル品川

デリヘルのサービス内容

デリヘル東京

デリヘル東京

 デリヘル東京の一般的なサービス内容は、本番以外なら殆んどの事が可能だが、ソープと違うので、バスルームでのマットプレーや泡を使ったプレーなどは入っていない。ベッドでのプレーが中心である。

 具体的にはディープキス、全身リップ、乳首舐め、玉舐め、アナル舐め、パイズリ、フェラチオ、69、スマタ、口内発射、指入れ、ソフトSM、前立腺の刺激などから、やってもらいたいサービスを希望する事になる。このすべてを時間内にするのは無理なので、当然選ぶわけだ。

 このほかに有料オプションがあり、セーラー服やスクール水着などのコスプレなどもオプションに含まれる。このほかにも看護師、キャビンアテンダント、OLの制服なども用意してくれる。オプションの主なものは、ローター、バイブ、電マなどの道具のほか、3P、アナルファック、顔射、クスコ、放尿、ごっくんなどが入る。

 ただ、アナルファックOKの女性は少なく、オプションでもなかなかいない。しかし、最近はフィストの出来る人を揃えたお店も登場し、中にはアナルフィストの出来る女性もいるようだ。

低価格で高いサービス

 デリヘルのサービスは、かなり水準が高くラブホテルという場所を使うので、ソープ並みのサービスをする所も中にはある。デリヘル東京の一般的な料金は、一番多い価格帯が70から90分の時間で20000円程度である。30分5000円、1時間7000円などと言う格安のお店もあるが、90分で20000円以上と言う所が外れのないお店選びと思われる。

 深夜帯の最終価格やネット割引などと言うものもあり、スマホを上手に使うことで安く遊ぶことができる。最近はネット予約が2日前から出来る所もあり、この場合も最初からお客さんが入っている有利な条件なので、割引になる

 デリヘル東京の場合、女性は夕方から夜のラスト位までが、お店に居る時間帯だ。大体週1日~3日の勤務が多いようだ。デリヘルが専業でない素人を選びたいのなら、週に1日のその時間に予約を入れるのがいい。また、人妻の様な女性がお好みなら開店時間の11時から午後4時くらいまでの午後のひと時タイムが狙い目だ。濃厚なサービスが待っているかもしれない。

デリヘルにも種類がある

 デリヘル東京と一口に行っても種類は多い。若くて綺麗な女性多くを揃え、性感マッサージをメインにしたファッション的なお店もあれば、濃厚なベッドプレーを売り物にしている所もある。金髪、韓国、外国人を多く在籍させているお店や人妻、熟女、デブ専と言ったマニア向けの特徴を持った所もある。

 さらに中にはニューハーフやSMの女王様、男性を派遣する市場は多くないが変わったサービスをするお店も中にはある。男性に我儘を言って自分の自由にしたい、責め具を使って男性に屈辱的な事をさせたいという女性の願望を叶えるサービスも今はある。さらに、最近はシリコン製の精巧なダッチワイフをデリバリーするラブドールというサービスも始まり、人気だという。

 料金は、遠ければ出張の交通費が別途かかるが、ホテル街のラブホなら無料と言うところが多い。ただ、ホテル代はお客が払うというのがデリヘル東京のシステムだ。ただ、最近のラブホテルは昼間の休憩タイムが格安の所が多く、3000から5000円と言うのが相場で、中にはもっと安い所もある。

ラブホテルのメッカに集まる

 携帯電話の発達で電話ボックスが無くなり、無数に貼ってあった風俗の広告ビラが姿を消した。ネットの発達と共に風俗広告はホームページに変わり、お店の宣伝を始めた。最近はパソコン端末を持ち歩かなくてもスマホの普及で、どこでも情報を見ることが出来るので、気に入った女性の出勤時間がすぐにわかる。予約をすぐに入れられる便利さがある。

 デリヘル東京の多くは、池袋、新宿、渋谷、六本木、上野、錦糸町、鴬谷など、ラブホテル街に近い所に事務所がある。デリヘル東京の特徴でもあるが、ターミナル駅が多く、女性が通うのにも便利な場所で、お客がラブホテルが満員で入れないということがないので、共に都合がいいのだ。

 ラブホテルだけでなくシティホテルへもデリバリーが可能だが、ホテルによってはヘルスを呼ぶのを嫌うところもあるので、その際は女性と連れだって入るようにすればホテルも断る理由がなくなる。中には自宅に呼び、彼女が自宅に訪ねてきたという感覚で、ヘルスプレーを楽しむ人もいる。

主流はデリバリースタイル

 デリヘルは風適法の改正された90年代から現れた。以前は店舗内で行っていたサービスが管理売春として摘発されたことから、デリヘルは東京の改正風適法をクリアするシンボルとして登場したのである。その総称としてここではデリヘル東京と呼ぶ事にする。

 デリヘル東京は、その後全国へ広がり、風俗の根幹をなすまでになったが、語源はデリバリーヘルスで、無店舗型の出張ヘルスのことである。東京の盛り場の片隅には必ずラブホテル街がある。戦前からの旅館街だった所もあれば、マンションブームで乱立したワンルームマンションを改造してホテルにした所も多い。

 特に最近は派手なネオンを灯したホテルで無く、ファッションホテル、ブティックホテルと呼ばれるものも現れ、女性にも受けそうな内装の所も多い。そして、このホテルがデリヘルの仕事場になるのだ。お客様が既に待っているホヘルに女性が派遣されるのだ。「ご指名頂き有難うございます」という女性に料金を払い、女性が事務所に電話をかけたところからプレーがスタートする。